読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある日どこかでベジご飯

~菜食ご飯のお気楽備忘録~

乳製品不使用~グリルで焼く、さつま芋とレーズンのケーキ

大きなサツマ芋を茹でてあったのですが、

残念なことに、食べてみたらあまり甘くない・・・(´・ω・`)

 

そのまま食べられないことも無いんだけど、

仕方ないなぁ~、食べるのなら出来るだけ美味しくしないとモッタイナイ!

という言い訳をしつつ(?)、

大好きなケーキの具として使うことにしました(*´∀`*)

 

レシピ(約5個分)

A

・茹でたさつま芋 250g

・レーズン 50g

・ココナッツオイル 20g(約大さじ2)

メープルシロップ 大さじ5

B

・薄力粉 160g

・塩 少々(2つまみ位)

・ベーキングパウダー 小さじ2

・豆乳 100㏄

・お好みでシナモン

 

 1.今回使ったさつま芋は、茹でた後に冷蔵庫に入れてあったものだった事。

 そして冬場でココナッツオイルが固まっていた為、湯煎しました。

 なので暖かい季節でココナッツオイルが液体状の場合だとか、

 さつま芋が茹でたてアツアツの状態の時には、湯煎の過程は必要ないですよ。

 

   f:id:aru-vege:20161207084723j:plain

  湯煎しつつ、スプーンで芋をグサグサ小さめに潰していきます。

 

 

2.ココナッツオイルが芋に馴染んできたら、

 メープルシロップとレーズン、好みでシナモンも入れて、しっかり混ぜる→A

   f:id:aru-vege:20161207085506j:plain

  ちなみに私は小さめのティースプーン1杯弱くらいのシナモンを入れてます。

 

3.今度は普通サイズのボウルを用意し、薄力粉とベーキングパウダー、塩を入れ、

 マドラーなどで粉のダマを潰しつつ、混ぜる→B

    f:id:aru-vege:20161026085729j:plain

 

 

4.ボウルBへ、A薄く油を引いた型に流し込む。

 

5.予熱無しのグリルに型を並べ、弱火で15~6分程焼きます。

 *グリルは熱の通りが均等で無いので、熱し始めて7分程経った頃に様子を見て、

 型の位置を一部入れ替えたりしています。

 

<before>

  f:id:aru-vege:20161207091451j:plain

                                                  ↓

 <after>

  f:id:aru-vege:20161207092139j:plain

 

 

6.焼きあがって、型から取り出したら出来上がりです♪

 

 f:id:aru-vege:20161207093516j:plain

 

甘いさつま芋を使ったようなケーキに変身してくれました~(*^▽^*)

 

ちなみに今回はさつま芋の甘みがあまり無かったので、メープルシロップを大匙5杯入れましたが、甘いお芋の時には大匙4くらいでちょうどかな。

 

りんごケーキの時↓と同じく、

aru-vege.hatenablog.jp

 出来立てアツアツの状態よりも、粗熱を取った後、

さらに冷蔵庫で1時間以上冷やした状態でいただく方が、私は好み。

よりしっとりに感じて、美味しいです。

 

お芋のケーキなので、なかなかの食べごたえでした。

もうお腹いっぱい!

 

f:id:aru-vege:20161003095543j:plainごちそう様でした。